Atopymonster

ブログ

竜の道と言う復讐物のドラマを見て感じた人間の本質

この前、竜の道と言うドラマを見て面白かったので、それについて書いて行こうと思います。

最近は、プライムビデオで海外ドラマや韓国時代劇を見ることが多くて、あまり日本のドラマを見ていませんが、なかなか面白そうです。

f:id:mle01204:20200801105035j:plain

そこで、どうして面白そうと思ったのか? 考えて見たのですが、自分の興味あるドラマは復讐物だと言うことに気づきました。

竜の道も養父母を死に追いやった運送会社社長に、人生をかけて復讐するドラマです。

確か半沢直樹も自殺した父の復讐だったと思います。

そこで、復讐物と言うことで、だいぶん前に見た海外ドラマを思い出しまして、それについても書いておきます。

僕が見た当時はプライム会員なら無料だったのですが、今は有料になっています。

それは「リベンジ」と言う海外ドラマで、ある少女が濡れ衣を着せられて投獄された、父の復讐をするドラマで、なかなか面白かったです。

竜の道と同じく現実的には有り得ないような復讐劇ですが、人にはこんな願望と言うか、やられたらやり返したい本能的な部分があるのかも知れません。

「リベンジ」は、アマンダと言う少女が大人になってからエミリーソーンと名乗り、父を落とし入れたグレイソン家に近づいて、巧みに復讐していきます。

2012年のドラマでシーズン4まであるのですが、さらっと見てしまうほど面白かったです。

プリズンブレイクやロストのように有名ではないですが、復讐物が好きな人なら楽しめると思います。

ちなみに「リベンジ」には真田広之が第9話で、エミリーの復讐に強力する投資家として出演していますよ!